大人ニキビと間違いやすい脂漏性皮膚炎

大人ニキビがなかなか治らないで困っているという方に、大人ニキビと間違いやすい脂漏性皮膚炎を洗顔でケアできるのかについて紹介します。

 

肌に発生する湿疹の一つに、脂漏性皮膚炎というものがあります。

 

大人ニキビが発生する場所である小鼻や額、また頭などに起こりやすい皮膚炎の一つです。

 

この皮膚炎、発生する湿疹が、皮脂分泌が盛んな場所に集中し、さらにはできものができることから大人ニキビと間違えられやすいのです。しかし、大人ニキビは、アクネ菌を原因とするのに対して、脂漏性皮膚炎は、特殊なカビが繁殖することで発生します。カビが肌に発生するという表現は違和感を感じますよね。

 

実は、人間の肌の上には、カビをはじめとする雑菌が常に存在しているのです。普段は悪さをしないこの雑菌やカビたちですが、下手にケアを怠ると、増殖を始めます。

 

例えば、汗や皮脂がついている状態を放置することで、肌に不潔な状態が続いたり、湿ったような状態が続くとします。すると肌の上に常在するマラセチア菌というものが大量に繁殖することになります。

 

マラセチア菌は、普通では特に肌に害は与えないのですが、大量繁殖することで、肌に悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、脂漏性皮膚炎をケアするには、このマラセチア菌が繁殖しないように心がけましょう。

 

いったん増えてしまったマラセチア菌は洗顔や石けんでは落とすことができなくなります。しかも、カビであることから、抗真菌剤を用いる必要があります。

 

また、スキンケアに失敗することでも、脂漏性皮膚炎になってしまう可能性があります。その原因の一つが、化粧水やクリームなどを過度に使用することで毛穴の呼吸をふさいでしまうことです。

 

薬品を毛穴に塗りこむことで毛穴にふたをしてしまい、その中でマラセチア菌が繁殖してしまうのです。乾燥肌を気にするあまり、ケアを過度に行い脂漏性皮膚炎になってしまう人も多く居ます。

 

大人ニキビがなかなか治らないと思っていたら、実は、脂漏性皮膚炎だったという可能性もあります。判断は自分では行わず皮膚科などの専門医に相談することをお勧めします。

 

大人ニキビが治らない