大人ニキビの深刻度別の症状について

大人ニキビの深刻度別の症状についての解説です。

 

ニキビは初期の段階から~軽度~重度の段階まで、見た目のニキビの色に合わせて

  1. 白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ
  4. 黄色ニキビ

と呼ばれる状態をたどります。

 

各段階でのニキビの深刻度や症状について見てみましょう。

 

白ニキビ

ニキビは分泌された皮脂が毛穴に詰まることから始まります。
本来、皮脂は肌を乾燥から守る役割を果たしています。
ですが、皮脂が過剰分泌された場合には、毛穴をふさいでしまう場合があるんです。

 

皮脂が毛穴に詰まると、見た目には白く見えます。
ここから初期段階のニキビのことを白ニキビと言うんです。

 

黒ニキビ

皮脂が毛穴に長時間詰まっていると、やがて酸化し、過酸化物質へと変化します。
皮脂は酸化すると黒く見えるため、この状況を指して黒ニキビと言います。

 

赤ニキビ

黒ニキビを放置すると毛穴の中でアクネ菌が酸化した皮脂を食べ、アクネ菌が異常繁殖を始め、炎症を起こします。
肌が炎症を起こすと、肌が腫れたように感じ、痛みを覚えます。
この状況が赤ニキビです。

 

黄色ニキビ

炎症がさらに進行すると、肌組織が壊れ、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの雑菌も繁殖し始めます。
このため、肌内部の真皮層までも破壊されてしまいます。

 

デコボコやクレーター

肌の奥深くまで破壊された状況が続くと、肌がデコボコになっってしまいます。