大人ニキビ対策用の洗顔料のピーリングの効果について

大人ニキビがなかなか治らないという方に大人ニキビ対策用の洗顔料のピーリングの効果について紹介します。

 

美容クリニックなどで聞かれるピーリング治療。更には、自己ケアを行うためのピーリング剤も販売していますよね。

 

英語では「皮をはがす」という意味を持っているピーリング。つまりは、肌の古くなった角質をはがすことでターンオーバーを促そうという働きを指しています。

 

肌が適切なターンオーバーを行っている間はトラブルも発生しませんが、何らかの原因で代謝がうまくいかなくなった場合、肌表面に古くなった角質や汚れが残りやすくなります。そういう汚れや角質はトラブルの元、これを取り除くことで、肌の下部にある新しい肌をきちんと働かせようという狙いが込められています。

 

そして、大人ニキビ対策用の洗顔料の中でもピーリング効果を期待できるとして販売されている物があります。その代表成分の一つにグリコール酸やサリチル酸、AHAと呼ばれるフルーツ酸が挙げられます。

 

これらは酸性の力によって肌の角質や汚れを除去する働きを持っています。しかし、大人ニキビ対策としてピーリングのみを行うだけではニキビが撃退できません。もともと、肌の奥深くにある皮脂腺にニキビや炎症を起こす原因となるアクネ菌が繁殖しています。

 

ピーリング自体は肌の表面に作用する物なので、肌の奥深くまでは浸透しないのです。また、ピーリングをした後は肌の表面が弱くなっているので少々の刺激でも肌にとってはダメージとなります。従って、自己流のピーリングは肌の状態を悪化させて余計にトラブルを招いてしまいます。

 

そのため、ピーリングを行う際は医師の指示を受けたり美容クリニックに通うなど専門家の処置による方が良いでしょう。

 

大人ニキビがなかなか治らないというアナタは、ピリングの効果を活用してみてはいかがでしょう。

 

大人ニキビが治らない