大人ニキビの跡がクレーターや色素沈着の発生となってしまうことについて解説します。

 

大人ニキビが発生して、きちんとケアをしたとしても、大人ニキビの後が顔に残ってしまう場合ってありますよね。

 

例えば、白ニキビを無理やりツブした場合や、赤ニキビや黄色ニキビになるまで放置していてケアを怠ったり、無理に膿を押し出した場合が考えられます。そういった場合には、大人ニキビ自体が治っても、後々ニキビ跡が残ってしまいます。

 

その一つとして、色素沈着が考えられます。シミもそうなのですが、肌の表面に色素が定着することで、大人ニキビの形跡が残ってしまうのです。

 

この色素沈着の解消のためには、ビタミンの積極的な摂取をお勧めします。例えば、お肌に良いといわれているビタミンCが挙げられます。ビタミンCはお肌の再生力を高めてくれます。また、ビタミンBも代謝を促すことで、肌のターンオーバーを早めてくれます。その結果、色素沈着してしまった肌を新しく再生してくれるのです。

 

ちなみに、この大人ニキビの発生していた部位には、肌のメラノサイトがしばらく後まで働く状態になっています。このメラノサイトは、日焼けの原因にもなります。もちろん、シミの原因ともなるので、紫外線対策をきちんと行うことが大切です。

 

また、大人ニキビの跡の問題として残るのが、クレーターです。頬のあたりがボコボコとしている人を見かけませんか。このようなクレーターは、肌の真皮層にまでダメージが行ってしまったために、発生しており、自分でのケアでは改善できません。専門家によるケアが必要となります。

 

例えば、ピーリングなどを行うことで肌の真皮層からの改善が必要となるのです。また、大人ニキビが表面的に改善されたように見えても、まだ雑菌が残っている可能性もあるので、しばらくは大人ニキビ対策の洗顔などをきちんと行いましょう。

 

大人ニキビがなかなか治らないと思っていた方が、いざ、治ってみるとニキビ跡がクレーターや色素沈着が発生したのでは、さらに悩みは続くことになります。

 

大人ニキビの治し方には、十分に注意するようにしましょう。

 

大人ニキビが治らない