乾燥肌は大人ニキビが治らない原因になります

大人ニキビが治らない原因になる生活習慣の中から、乾燥肌について紹介します。

 

乾燥肌は大人ニキビが治らない原因になりますので、ここでチェックしておいてください。

 

冬になると乾燥の季節になります。天気予報などでも乾燥注意報が頻繁に出る季節ですが、お肌が乾燥をすると、どのようなことが起きると思いますか。

 

大人ニキビは乾燥肌が原因で、できてしまう場合もあるんですよ。

 

ニキビのイメージとして、脂分が多いとできると思っている方は当然、多いでしょう。実は乾燥ニキビと呼ばれるニキビもあるのです。

 

乾燥による大人ニキビができる、または、治らない原因

では、どうして乾燥しているのにニキビができるのでしょうか。

 

乾燥肌の場合、皮脂分泌が少なくなっており、肌にバリアをしっかり作る事ができない状態になるのです。

 

そうなってしまうと

  • 毛穴が細くなり
  • 皮脂がつまりやすい状態になるので
  • 少しの皮脂でニキビができやすい状態になってしまう

のです。

 

この乾燥ニキビは20代以降の方に多く見られるようなので乾燥ニキビは大人ニキビの一つと言えますね。

 

乾燥による大人ニキビの予防、または、対処法

年をとるにしたがい、だんだん体内の水分も少なくなってきます。

 

しっかりと水分補給をすることが乾燥肌の予防になります。

 

お肌に直接潤いを与えてあげることも大切なので、パックをしたり化粧水をしっかりと塗ってあげることが大事になります。

 

パックを行う際はパックをしたら終りではなく、終わったあとに、もうひと仕上げでノンオイルローションなどを塗ってあげるとより保湿効果を得られます。

 

金銭的にも毎日するのが難しいという場合は、コットンに化粧水をなじませて、自分でパックを作ってみるのもいいかもしれません。

 

乾燥がひどい季節は特にしっかりケアをして大人ニキビの予防や対処をするのが良いですね。